【24/7】高配当株とかマイレージとか車とか【独り言】

高配当&優待株で不労所得を得ながら、各航空会社のステータスを狙い、大切な愛車と過ごす日々を綴っています

家族持ちが資産運用をするために(私の反省文)

しょこら@です。

私が読んでいるブロガーの中には「セミリタイア」を目指す、もしくはもうリタイアされた方が、たくさんおられます。

経済的自由を確保し、少しでも早く仕事という精神的苦行から解き放たれて、自分の生きたいように過ごす。

いやあー、いいですね!!
私もお一人様だったら、少しは、いや間違いなく、早期退職を考えたでしょう。

でも、あいにく私には扶養しなければならない家族(特に娘達)がいます。
給与という定期的なインカムが無ければ、路頭に迷ってしまいます。

今回はそんな「家族持ち」にとっての資産運用のお話。

f:id:syokora11:20181122055311j:plain

 

思春期は投資用資金が確保できない...

このブログをご覧の皆さんの中には、家族を持ちながら資産運用している方もおられると思います。奥さんと共働きだったり、お子さんが小さい方は、余剰資金を確保出来ていることでしょう。
ちなみに我が家は1馬力です(嫁さんはアルバイトなので、1.5馬力くらい?)

でも、中学・高校生の娘二人を持つ身になって、一気に貯蓄・投資のハードルが上がってしまっていることを、日々実感しています。

なんか、急に金が掛かるようになりました。
「ご飯をよく食べるようになる」
「クラブ活動の諸々(遠征だの衣装だの打ち上げだの)
「学費がウン万の塾へ行くようになる」
「服や小遣いを欲しがる(特に女の子)」 etc..

自分一人のミニマリスト生活は全然苦になりませんが、家族に強要は出来ません。絞れる費用は極力絞りますが、やり過ぎて「ひもじい」思いはさせられない。そう思わせない子育てが出来ればベターなんですが、中高生ともなると周りの視線という変な外部要因も絡んできて、距離感が難しい。

結果、貯蓄(原資)に回せるお金が一気に減るのです。
ネットにこぞって書かれている「毎月10万円を米国高配当株やETFにぶっこむ」なんて、正直無理ゲーですわ。

f:id:syokora11:20181121151921j:plain

 

早く貯蓄計画を立てるべきだった...

子供が大きくなって貯蓄のペースがダウンすることを見越して、早い段階で、もっと多くの貯蓄が出来るような計画を立てれば良かった!と、少々後悔しています。
今の手元資産は約1,800万円ですが、住宅ローンはまだまだ残っているし、自分の年金手帳を見ると、頂ける年金の予想は月10万円程度。老後に向けて全く安心できない、といった暗澹たる気持ちです。

少なくとも子供の教育費用、特に大学の学費は子供が小さい間(出来れば中学生に上がる前)に貯め切っておくべきでした
「私立大学+自宅通い」の想定で、500万円(× 人数分)を確保しておけば、今の時期もっと楽だったかな、と。

 

大学卒業までは「月数万円」積立で精一杯

現在頂いている月収のうち、5万円を一般財形で、3万円をインデックス投資信託の毎月積立に回しています。貯蓄率約17%。これで毎月カツカツです。
そこに長女が「遠方の大学に下宿したい」なーんて言い出したら大ピンチ。財形を減らすか投資信託の積立を止めるか?の選択を迫られる可能性大です。

下の娘が大学を出て、教育関係の支出が無くなるのが、今から6年後。それまではまとまった投資が出来ないので、老後に向けて月数万円の積立を地道に続けるしかない、というのが我が家の状況です。うーん辛い(´・ω・`)

 

極力、収入を増やす手立てを考える!

支出が高止まりする以上、投資用の余剰資金を作り出すには、収入を増やすしかありません。対策はいろいろありますが、それぞれメリット・デメリットが。

  • 副業(アルバイト)
    【メリ】容易に探せる、金額の目途が立て易い
    【デメ】会社に禁じられる場合が多い。控除が面倒
  • ネット売買
    【メリ】ニーズが掴めれば短期間でお金に出来る
    【デメ】かかる手間が半端ない
  • アフィリエイト、ネット広告
    【メリ】本業と両立可能
    【デメ】収益が安定しない。安定した金額への
        到達にかかる時間と労力が多大
  • 株式の配当金
    【メリ】本業と両立可能
    【デメ】必要な初期投資費用が甚大

私は現在「ネット広告」「配当金」による副収入を得ています。
中期的な目標は、月5万円(年60万円)の副収入実現、そしてそれを全額投資用資金に充てることです。

これに加えて、実は今、転職エージェントやヘッドハント会社にも登録して、本職のジョブチェンジも視野に入れています。今の給与に大きな不満はありませんが、年収が1.2~1.5倍くらいになるようであれば、十分検討に値します。
インカムの最大化のためには、自分の能力と経験をもっと磨いて、上を目指さないとダメだなと考える次第。

ただそうなると、就職先は外資系企業しかないんですよね。60歳以降の生活設計に大きく影響するので、慎重に判断します。
もし転職したら、ブログの時間が減ってしまうかもw

 

与えられた時間は皆同じ。動くならば早く!

投資のポイントは「時間を味方につけること」と言われます。好況の時も大暴落の時も、ひたすらコツコツと時間をかけて貯めていけば、リターンも含めた資産形成が十分期待できます。従って、始めるタイミングが重要!40歳であれば、働く時間は残り20~25年。単身の40代ならまだしも、家族持ちの(特に小さいお子さんがいる)40代というのは、投資においてはかなりタフな環境だと思います。

以上、思い立ったが吉日、直ぐにでも計画を立てて貯蓄を始めたほうが、後々ずっと楽になりますよ!という、失敗者からの反省文でした。



【スポンサーリンク】