【24/7】高配当株とかマイレージとか車とか【独り言】

高配当&優待株で不労所得を得ながら、各航空会社のステータスを狙い、大切な愛車と過ごす日々を綴っています

ありあまる時間との戦い?!老後の過ごし方を割と真面目に考える

スポンサーリンク

しょこら@(@syokora11_kabu)です。

最近、とみに老後を不安にさせるニュースが多いと思いませんか?

ネットを見ると、やれ年金では足りないとか、老後必要なお金は〇千万円だとか、読むだけで憂鬱になるようなネタで溢れています。ただでさえ日々の仕事で疲れているのに、将来のことなんて考えたくない!(# ゚Д゚)

・・・という中こんなネット記事を見ました。私の老後のイメージとフィットしていいなと思った、そんな独り言でございます。
 

headlines.yahoo.co.jp

 

リタイア後の自分の立ち位置をどこに置く? 

私が愛読しているブログの中にも、セミリタイアでいち早く社畜の身から脱出した方が何人もおられます。とても気楽で羨ましい!と思う一方、実はリタイアした後のありあまるフリータイムの過ごし方をどうされようとしているのか、非常に興味深いのです。1日2日ではなく、5年10年単位で。

私は基本引き篭もり人間なのですが、自宅で嫁と2人きりでじっと過ごすだなんて、1日だって無理だし(´・ω・`) かといって1人で楽しむ趣味ばかりでも味気ないしいずれ飽きそうだし(´・ω・`) どこかのコミュニティにでも入っていないと、言語中枢がおかしくなって、そのうち一言も喋れなくなるんじゃないかと思うのです。

とはいえ、
「ボランティア活動する」うーん、性に合わない。
「趣味のグループに入る」うーん、金かかりそう。

引き篭もり人間なりにいろいろ考えながら、この記事の言う通り、気分転換がてら外に出て小銭を稼ぎなから社会と接点を持っておきたいという結論に至った次第。

完全に社畜精神に染まっているんでしょうか?w

こんな仕事をやって老後を過ごしたい

アルバイトといっても、今みたくストレスを抱えながら働くのはまっぴらごめん。自分が好きで、気持ち的に満足できることをやれたらな、ということで選んだ私の第二の人生案【3選】がこちら。

タイマッサージを習う

これ大好きで、駐在時代は毎週のように通っていました。現地に行けば簡単に習えるので、手に職つけた上で日々疲れた人を揉んであげたい。思い切ってチェンマイあたりに移住するも良しw 握力がどんどん弱まるから、筋トレを続けることで体力作りも兼ねられるかな、などとも思ったり。

揉むって言ってもエ*いやつじゃないよ!

 

農業に就く

自分一人で起業することは無理なので、どこかの農家なり会社を手伝うことしか出来ませんが・・・毎日外に出て身体を使いたいのと「自分の手で何かを作る喜びを味わいたい」という気持ちが大なのです。老後のブログネタが出来るかもw

吉野家でバイトする

牛丼大好きだから、という極めて単純な動機(爆)


どの仕事も、高齢の身にはそれなりに厳しいそうですが、せめて60代の間、のんびりとしたペースであれば出来る範囲だと思っていますがいかがなものか。あと10年20年後、そういう雇用を柔軟に受け入れてくれる所が増えることを祈ります。

皆さんの老後のイメージはどうでしょう。働くなんてとんでもない、ですか?

f:id:syokora11:20190306012920j:plain

 

私の老後と、不労所得

そういった、自分の無理のないペースで老後を送るプラン、というものを考えた時に、「年金だけに頼らない生活基盤」としての不労所得(私の場合は配当金)は私にとってかなり大きな位置を占めています。

理想としては、月2~3万円の収入でいいからこういったアルバイトをしつつ、10万円ほどの配当金を頂く。そして最後に、無事年金がいただければ御の字かなと。

「老後破産」「孤独死」「暴走老人」・・・いろいろなネガティブワードが飛び交っていますが、一度限りの人生を充実したものに出来るよう、前を向いて一歩一歩準備を進めていきます。