【24/7】高配当株とかマイレージとか車とか【独り言】

高配当&優待株で不労所得を得ながら、各航空会社のステータスを狙い、大切な愛車と過ごす日々を綴っています

「投資で勝っている人」の7つの傾向を踏まえて『かえる投資法』の極意を語る

しょこら@(@syokora11_kabu)です。
本日も、当ブログをご覧頂きありがとうございます。

突然ですが、貴方は自分の投資方法・戦略にカッコいいネーミングをつけるとしたら、いったいどんな名前をつけたいと思いますか?

私の投資方法は、ズバリ、
かえる(蛙)投資法

かっ、カッコ良すぎる・・・♡

 

蛙って、おしりの部分をツンって触ったら、反射的にぴょんって真っ直ぐ前に飛ぶじゃないですか。あれと同じやつです。

自分の背中を押されたら、真っ直ぐ買い向かうのさ!
例え自分の眼前に、リスクがあろうがなかろうが!
それが「かえる投資法」だ!!


うーん、決まったぜ・・・♡

f:id:syokora11:20190714015229p:plain


・・・・・・・・。

・・・・。

おそらくここまでで、1/3くらいの方が「戻る」ボタンを押したことでしょう。これ以上呆れられる前に、真面目な話に移りますかね。

日経マネーが、12,630人もの個人投資家を対象に行った「2019年 個人投資家調査」を基に、勝ってる人/勝てない人の行動様式を分析した記事をあげています。拝読したところ、ズバリ

かえる投資法は、かてる投資法である!

であることが分かりましたので、記事を引用しながら、その極意をご紹介していきます。重ね重ねのかえるの妄言にドン引きせずお付き合い頂ければ大変幸いです。

 

今日はいつにも増して冴えてるねー、と思ったら★をお願いします

 

style.nikkei.com

 

勝ってる/勝てない、の定義

さて上記の調査。出自不明の一般層から取ったアンケートではなくて、私達に近い属性かつ1万人以上という大きな母集団での数字だけに、参考になる内容だと捉えています。ただ私のところに依頼が来ていないのはイマイチ解せませんが。

この記事でいう所の「勝ってる人(以下、勝者と略)」とは、2016~18年の運用成績が3年連続でプラスだった人のことを指しているそうです。逆に「勝てない人(以下、敗者と略)」は、3年連続でマイナスだった人のこと。

2016~17年はともかく、2018年はかなり厳しい相場でした。短期売買での運要素を排除して、3年間という連続した期間で勝ち切れる投資家を勝者と定義付けたのは納得性が高いかなと。仮に3年合計でプラスという定義だと、一発ドカンと当ててしまえば、残りで負けまくっても勝者扱いになりますからね。

リスク資産を当該期間(3年以上)保有している調査対象者6,006人の、勝者・敗者の内訳はこんな感じになったとのことです。

  • 勝者 :2,201人(36.6%)
  • 敗者 :   484人(8.1%)
  • その他:3,321人(55.3%)

1/3以上の人が昨年も勝ち切ったということですね、流石です!ちなみに私しょこら@の戦績は、2017年以前のデータを取っていないので、分かりませんw

あっ・・・逃げた!!

 

勝ってる人の、7つの傾向

この調査の中で、勝者と敗者で明確に分かれている(勝者側のポイントが高い)条件として、以下の7つが挙げられています。それぞれ数字と併せて紹介してみます。

中長期投資(&積立)派が強い

保有期間が1ヶ月以内だと、勝者7.3%に対し敗者14.4%で、敗者が2倍多い。
保有期間が半年以上だと、勝者が67.8%に対し敗者が57.9%。積立投資をしている人は、勝者が38.3%に対し敗者が28.1%。いずれも中長期投資の勝率が高い。

f:id:syokora11:20190713095142p:plain

海外資産も持つ

日本株以外の資産として、勝者は「先進国株投信」「国内REIT」を持つ率が高い。敗者はそもそも外貨建資産を持っていないか、「FX」が多い。

選ぶ銘柄は「配当」「成長」「割安」

勝者の銘柄選びは「配当利回り」「成長性」「割安」がトップ3。一方敗者の基準として目立つのが「チャート、テクニカル」「ネットで話題」

損切りにはこだわらない

損切りルールを持ち、絶対に守るのは、勝者でも8.6%。9割以上はルールはないか、ルールはあるが必ずしも守らない

銘柄オタクになる(投資への探求心が強い)

勝者の61.3%が「週1時間以上」投資の勉強や銘柄研究をする。敗者が同じ勉強をする比率は47.3%。また敗者は保有銘柄数が圧倒的に少なく、5銘柄以下が54%。

f:id:syokora11:20190714020631p:plain

信用取引をやらない

勝者が信用取引を行っている率は16.2%。敗者は22.6%と高い。

相場急落時に買う

勝者の41.4%が「昨年12月の下落相場でリスク資産を積極的に購入」し、敗者の31.0%を10%以上上回る


如何ですか?貴方は幾つ「勝ってる人」の条件に当てはまりましたでしょうか?

f:id:syokora11:20190713095611j:plain

 

『かえる投資法』を信じて突き進め、俺!

私が取り組む『かえる投資法』は、当ブログを通して日々綴っている通りですが、

  • 大型・割安・高配当・非減配の優良企業の株を、
  • 日本株・海外株・REITいずれも対象に、
  • チャートとかテクニカルな分析に囚われず、
    ※ここでいう分析とは「タイミングの話」で、銘柄分析はしっかりやります
  • 周りがどうあれ、自分が買いたい時に直感的に、
  • 一度買ったら、墓まで持っていく心づもりで、

"蛙の如く" 真っすぐ飛び込んでいくスタイルです。

たまに(頻繁に?)Twitterや投資ブログを拝見して背中を押されることがありますが、基本的には狙った銘柄が自分で決めた買値ラインを割ってきたらどんどんポチります。トレンドとか市況は少し意識する程度・・・気にし過ぎると何も行動出来ませんからね。むしろ下げ相場の方がエキサイティングしちゃいますw

損切りも基本的には行いません。止む無く手放す場面があるとしたら、無配転落や優待廃止で保有する意味が無くなった時か、利回り低下により他銘柄に乗り換える時くらいでしょうか(但しこれも損切りではなく、利確限定で)

今回の調査記事を読んで、自身のスタイルは間違っていないはずだという認識を新たにしました。引き続き芯は曲げずに、頑張って相場に立ち向かい続けます!

その後、道端で干からびた一匹のかえるが見つかったらしい



当ブログでは、特定の銘柄を推奨してはおりません。
くれぐれも、投資は自己責任でお願いします!