【24/7】高配当株とかマイレージとか車とか【独り言】

ファイナンシャルプランナーである管理人が、趣味の車と旅行を楽しみながら、配当金による『経済的自立』まで目指しちゃいます!

日経平均+1,066円の爆騰!恩恵は少なかったけど(2914)JTが増配発表でうれしい!!


しょこら@です。
本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます

Twitterやってます。日々投資の日常(時々毒)を呟いているのでフォローお願いしまーす🐸


連休明けの日本株・・・一体どうなってんだ。
強すぎて意味が分からない。

兎にも角にも、先ずはこの一言から。

 

最高値まで後少し!でもmy PFは

日経平均株価、週末から先物価格が上昇していたので騰がるだろうと思ってはいたものの、蓋を開けてみれば前日比+1,066.55円、+2.89%の爆騰とはびっくり。アッと言う間にバブル期の最高値38,915円まで後1,000円弱となってしまいました。早すぎでしょ💦


イビツな日経平均はあまり参考にならない、と今は専らTOPIXを参照しています。ただこちらも前日比+2.12%と大幅上昇。確かに円安効果で良い決算のところが多かったけどそれほどまでの材料があったとは思えないのになぁ、というワケで冒頭の一言につながります。


ところで今日はNISAの日(2-13:ニーサ)だったんですね。そんな記念すべき日、我がPFの前日比は+1.07%と半分程度しか恩恵に与かれず。
リートやインフラファンド、債券ETFが前日比マイナスで足を引っ張ってます。


まぁ、悔しくないと言えば嘘になりますが(笑)インカムを重視した自分の判断の結果なのでキャピタルの恩恵が少ないのは仕方無し。とりあえず前日比プラスになっただけでも良かったです。
明日も良い日になるといいな・・・

王者JTが増配発表!

そんな激しい相場の中、主力銘柄(2914)JTの決算発表が大引け後にありました。

肝心の業績としては、連結利益が23年12月期で前期比+8.9%とプラス、逆に24年12月期は同▲5.7%と減少に転じる見通しとされています。為替がポジティブに働く点はある程度予想通りでした。

サプライズとしては、今期の業績好調を受けた利益剰余金により期末配当を94円から100円へと+6円、増額される発表があったことですね。同時に、次期24年12月期の年間配当金も23年12月期と同額の194円を維持する、としています。

(※同社IR「剰余金の配当に関するお知らせ」より抜粋)


同社の株主還元方針として「配当性向 75%を目安とする(±5%の範囲で判断)」と明記されています。増配による23年12月期の配当性向は71.4%、利益減でも配当維持を見込む24年12月期は75.7%。決してタコ足などではなく、方針に沿ったリ―ズナブルな設定であることには留意すべきかなと。

(※同社IR「2023年度 決算説明会資料」より抜粋)


何はともあれ、我がPF 四番バッターからの増配発表は素直に嬉しい!!

これで、取得単価1,958円に対する利回りは+9.9%にまで上昇しました。購入時に高配当であるだけでなく、辛抱強くガチホすることでどんどん利回りが育っていく。そんな優良銘柄を選好することが配当投資の肝だと改めて感じています。

最後に、一言。

ヤニラーの野郎共、ありがたく頂くゼ

 



いつもお読みくださってありがとうございます。応援のクリックを頂けたら嬉しいです♥