【24/7】高配当株とかマイレージとか車とか【独り言】

高配当&優待株で不労所得を得ながら、各航空会社のステータスを狙い、大切な愛車と過ごす日々を綴っています

さやちゃんの写真集が遂に我が家にも!ワイ、とっても美しい写真の数々に咽び泣く...

f:id:syokora11:20210908212514j:plain


しょこら@です。
本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます

Twitterやってまーす。フォロー嬉しいですぞい!


当ブログでは、ご存知の通り開設当初から、
茜さやちゃん
を激推ししております。

日々書き続けている実に9割もの記事に彼女のカットが貼られているのがその表れ。

f:id:syokora11:20210907222735j:plainこ れ が 有 名 な π ス ラ ッ シ ュ


さて、ちょっと意外な事実なのですが、これまでさやちゃんはグラドルという立ち位置でありながら「写真集」というものを出していなかったんですね。そんな彼女が満を持して、人生初の写真集を作るというプロジェクトを立ち上げました。

クラウドファンディングプラットフォームの一つであるCAMPFIREで支援の募集を受け付け始めたのが今年の4月29日のこと。目標金額50万円に対し、約300名から総額700万円を超える支援が集まったようです。

もちろん
私も速攻で申し込みました

f:id:syokora11:20210907223050p:plain(※CAMPFIRE 当該ページより引用)


今回のプロジェクトにあたっては、様々な種類の支援パッケージが用意されていました。最初私はセミヌードプラン(15,000円:セミヌード写真集+ポストカード)だけを申し込み、その後「やっぱり」ということで通常版プラン(6,000円:通常写真集+ポストカード)も追加、合計21,000円の支援をさせて頂きました。

でも・・・こんなだったら始めから特別セットプラン(30,000円:水着写真集+通常写真集+セミヌード写真集+ポストカード3種+トートバッグ+オリジナルチェキ)を頼めばよかった・・・

ああああああ!ワイ日和り過ぎ!!

 

f:id:syokora11:20210907224120j:plain


なお5名限定、15万円で120分間さやちゃんと二人きりでお食事が楽しめる(お泊りは無し←?)という個室サシ飲みプランなんてものもあり。「こりゃ逝くっきゃ!」と思っていたんです。でもよくよく考えてみると、いざ当日になって、

ちょっと東京までさやちゃんに会って来るぞーい

ヨッメ)は?誰ヨその女

えッ… ワ、ワイの正妻だけど…


なんて展開によってしょこら@家が業火に包まれる可能性が高かったため、泣く泣く諦めた次第です。ああああ、一緒にお泊りしたかった・・・(←??)

遂に写真集が届きました

そんなこんなで、ワクワクしながら支援を決めて約4か月ほど経った今月頭のこと。さやちゃんがこだわりをもって作っていたが為に予定よりも少し完成が遅れたようですが、無事2冊の写真集が手元に届きました。わーい、やったーーー!!

黎明 - 花 - 

f:id:syokora11:20210907222354j:plain


こちらは、通常版写真集です。
そのサブタイトルにも使われている通り、桜の花の下で微笑む写真の数々が印象的で、とてもふんわりとした雰囲気が伝わってくる一冊になっています。あっ、表紙のサインは直筆ですぞ!

黎明 - 雪 - 

f:id:syokora11:20210907230349j:plain


一方こちらの方が、セミヌード版写真集。
温泉旅館が撮影の主な舞台になっています。露店風呂の入浴シーンや、布団で浴衣が "はだけた" 状態で横たわる写真など、まさに一緒に温泉旅行を楽しんでいるカップルのような錯覚(というかむしろ妄想)が楽しめちゃいます。
ちなみにセミヌードなので、当然ながらアレとアソコは隠れてます(笑)

ハァハァしながら一通り堪能した後、うやうやしくビニール袋の中に戻し、家族に見られたらどうしようという一抹の不安を抱えつつ、いつでも拝めるよう堂々と机の前に飾って今に至ります。

いやぁ、しかし彼女の写真集を手に取れるのはこれで最初で最後かもしれないと思うと感慨深いです。しかも、書店やAmazonでは買えない非売品ですからね。これからも、目の前の彼女にハァハァしつつ、こちらのブログを書いてまいります。

f:id:syokora11:20210907230619j:plain


さて、最後に余談ではありますが・・・我が家には他に3冊ほど、芸能人の写真集がありまして。誰のものかというと、

  1. 中〇忍(中学生の時、最初に買った写真集)
  2. リ〇・ディゾン(なぜ買ったか記憶無し)
  3. 沢尻エ〇カ(初めて海外駐在に出た時、同僚が写真内に寄せ書きとして送別メッセージを書いてくれた。どうやら私が彼女のファンだと思われていたらしい➔大きな誤解)

いやー、エ〇カ様の方は自分で買ったワケではないから言い訳は立つものの、平成の黒船に手を出すだなんて、当時の私はちょっと病んでいたのかもしれません。あ、ミポリンの妹にも触れないで・・・単なる厨房の、若気の至りです。

いつもお読みくださってありがとうございます。応援のクリックを頂けたら嬉しいです♥