【24/7】高配当株とかマイレージとか車とか【独り言】

高配当&優待株で不労所得を得ながら、各航空会社のステータスを狙い、大切な愛車と過ごす日々を綴っています

【閲覧注意】池袋暴走死傷事故 被告人質問のやり取りを通して、改めて思うことを書き殴る

f:id:syokora11:20210430220234j:plain


しょこら@です。
本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます

Twitterやってまーす。フォロー嬉しいですぞい!


ちょうど2年前、東京・池袋で、87歳の老人が運転する暴走乗用車に主婦と娘さんの2人が轢かれ亡くった、という痛ましい事故が起きました。

それだけなら、最近増えてきた「高齢者の暴走」で片付けられるのですが、この事故が人々の記憶に焼き付くことになった理由が、この老人の、事故直後からの素行でした。不遜ともとれる彼の言動が世間の強い批判を呼び、『上級国民』という皮肉めいた言葉が流行したきっかけにもなりましたね。

さて、この事故の当事者=飯塚幸三被告に対する公判が、今週東京地裁を舞台に行われています。27日に被告人質問が行われ、以下記事では四部に渡り、被告・弁護人・検察官らのやり取りが綴られています。

www.iza.ne.jp


一貫して「車の故障」を訴え無罪を主張している同被告。この日も上級国民節が全開だったようで。

アクセルペダルを踏んでいないのにエンジンが高速回転した。車が制御できないのかと思って非常に恐ろしく感じ、パニック状態になった。

(暴走中に)アクセルペダルを確認したら、床に張り付いているように見えた。ブレーキをいっぱい踏んだが、減速しなかった。

検察官から「車を購入した際に、運転は大丈夫か、と心配された時、返納を考えなかったのか」と聞かれても

杖をついていたら心配されるのは当たり前だろう

「私は悪くない」オーラ満載ですな


さて、ここから先は私個人の、ただの書き散らしです。お目汚し失礼します。

f:id:syokora11:20210430203425j:plain


・・・・・

このジジイ、超弩級のボケ老人という可能性も無くはないのだけど、語り口がはっきりしている点、語気を強めて否定・断定しようとしている点を踏まえると、ボケてはいないか、ボケてても未だ浅い気がする。

自分が滅茶苦茶なことを言っていることに気付いてはいるのだが(いや、ひょっとしたら素で分かっていないのかもしれないのだけど!)もはや "後に引けなくなっている" んじゃなかろうか。とにかく、自分の責任だと認めたくないという一心で。

全て自分に都合よく嘘妄想を並べているだけなのだから、話の内容をいちいち真に受けて、憤慨するだけ時間と精神のムダなんだよね。

彼はずーーーっと、他責の生き方をしてきたのだろう。いや、コイツに限らず、組織で偉くなる奴に限って「私はあれこれやれることをやりました。ただ、〇〇が云々」という思考回路を持っている。周りを踏みつけながらのし上がっていくパターンだな。この爺も、その類の人間なのは間違いない。

f:id:syokora11:20210430204654j:plain


そんな考え方で何十年も生きてきたヤツに、しおらしく反省の念が湧いてくる可能性なんてゼロだよ、ゼロ。いや、マイナスかもなー。逆に、自分を責める社会に対して内心ブツブツ文句を言っているかもしれない。

こんなヤツを刑務所にぶち込んだところで単なる『維持費のムダ』でしょ。だからもう最初から止めようぜ、猿を豚箱に入れるなんてことはよォ。

あ。
これはお猿様に対して失礼な物言いでした。
大変申し訳ございませんでした(土下座)

かといって、こんな死にかけの軽い命、それを掛けて償わせたところで、遺族の気持ちが晴れる要素なんて1mmも無いしな。この事案は、上級国民様が金にモノを言わせて最高裁あたりまでいってしまうのかもしれない。でもぶっちゃけ、最後にどんな刑罰を下されたところで、きっと日本中の誰一人納得いく結果にはならないっしょ。

そこでだ。
こうなったらコイツが溜め込んだ財産を、不動産から有価証券から全て没収して、交通遺児のための活動に役立てるという罰はどうだろう?

罪の償いなんてもう要らないからさ?きっちり社会に貢献して、晩節を少しでも綺麗にして逝くがいいよ。親族には申し訳ないけど、こんなモンスターに免許を持たせ続けたという監督責任の過失といえば、立派な連帯責任になるってもんだ。

・・・まぁそんなこと、今の法律では無理だってことくらい重々分かってるよ。しかし、もし仮に俺がこの被害者家族という立場だったら間違いなく

どうしたら、
爺をこの手で
ぶっ〇せるか
(字余り)

ばかり考えて気が狂うか、実際に執行し、余生で出家の道を選ぶかのどちらかだと思う。そして、こんな爺に対する行き場の無い裁判に臨む、松本さんの気持ちを察するにつれ、他人とは言えとってもいたたまれない気持ちになるのである。

今回は、いつになく酷い乱文で、大変失礼しましたですわ♡