【24/7】高配当株とかマイレージとか車とか【独り言】

高配当&優待株で不労所得を得ながら、各航空会社のステータスを狙い、大切な愛車と過ごす日々を綴っています

娘の大学進学が決まりました!入学時に掛かるお金はいくら?どう貯めるのが良いでしょうか?

f:id:syokora11:20210122153651j:plain


しょこら@です。
本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます

Twitterやってまーす。フォロー嬉しいですぞい!


私事ですが、ようやく娘の進学が決まりました。


共通テスト導入一年目となる今年。
正直、試験勉強癖の無い子でしたので「大変な事態になりそうだなァ」と思って最初から推薦に焦点を当てていましたが、やはり正式に決まるまでは親としてもハラハラでした。晴れて入学許可を頂き、一家共々胸を撫でおろしています。
 

合格の喜びに冷や水を浴びせる、お金の問題

とにかく大きい「一括支払い」

さて、合格の余韻に浸る間も無く、襲って来るのがお金の問題です。直ぐに入学手続きを取らなければならないのですが、この入学金がなかなかの負担!通常は入試要項に記載があるので、心の準備が出来ていて然るべきなのですが、やはり金額が金額だけに、という感じ。

ワイも先のことを考えると気が重すぎるなう


今回、娘が入学する大学からも

【入学金】
 20万円

【学費・施設利用料・その他】
 半期で約60万円


計80万円を「一括で」納めるよう、指示されました。しかも手続きの締め切りまで、1週間程度しかないという。

合格してから用意するようでは到底間に合わないわね…

 

手続きに猶予無し!最優先でやりましょう

さて、こういった期日は大抵の大学で、かなり厳格に区切られているので、1日でも遅れたら合格取り消しになってもおかしくはないようです。「そんなの、普通はちゃんと守るでしょ~」と思うんですが、世の中にはそういった管理能力が無い家庭も多々あるようで・・・

Yahoo知恵袋などにも「納めるべきお金が用意出来ず、折角の合格を泣く泣く辞退せざるを得ない」という悲痛な悩みが寄せられているのを目にします。

大学に合格したけど入学金が準備できなくて困ってます。親には夏休み前から合格したら100万いると言っておきました。それで合格してみて実際にいるのは68万でした。だから用意できてるとおもったらまったくできてなくましてや一円も無いらしいです。自分は指定校で合格したため、もしお金を払えなかったら来年から僕の高校に指定校の枠がもらえなくなってしまいます。自分だけじゃなくこれから先の後輩にも迷惑かけます。くそばかな親には頼れません。あと2日でどうにかお金を準備する方法はないでしょうか?


ここまでいかずとも、娘の学校の先生曰く「納めるべき期日ギリギリになる生徒は、毎年必ず何人かいる」らしいです。もし災害なり停電なりサーバーダウンなり、何かのトラブルがあって直前で振り込めない事態になった場合、悔やむに悔めません。入学手続きは最優先事項として、1日でも早く済ませた方がいいですね。

f:id:syokora11:20210122143150j:plain

必要なのは学費だけじゃない

ところで学費以外にも、色々と物入りになるという点は見逃せないです。
  • 教科書、辞書
  • 通学定期
  • パソコン
  • 毎日着ていく服(←女子は特に)
  • 合格祝い品

これ以外にも、下宿生だったら住居の契約金・家賃、家具、引っ越し費用など諸々がドカッと必要になるはずです。それこそ100万円あっても全然足りません。とにかく最初にどれだけまとまったお金を用意するか、が肝要と思います。

学費の確保を、どう考えるか?

「自転車操業式」の我が家

私は今回、約200万円の現金を用意していました。投資や学資保険等に頼らず、純粋に月々のお給料から積み立てたお金です。これで向こう1年分の学費はなんとか大丈夫だろうと思いますが、その先々はまとまった金額を用意していません。いや、正確に言うと他にも現金はあるけど出来るだけそこには手を付けず、月々のキャッシュフロー内でやり繰りしたいという考え。

給与から、毎月10万円を学費用として別口座に積み立てる。これで年120万円。あとは賞与からも学費用に振り分けます。それ以外に月5万円の財形貯蓄と月3.3万円のインデックス投信購入(つみたてNISA)は続けているので、月々の生活費用はめちゃくちゃカツカツです(苦笑)

しかも、そんな大学生の子供が2人もいますぞぃ...


貯金は、どうしても困った時のために取っておき、本業が頑張れる内は、極力月々のお給料の中でやり繰りしていくようにしよう、と思っています。

f:id:syokora11:20210122155530p:plain

学費は投資で?保険で?それとも現金で?

さて、学費については「何百万円もの大金を、どのように貯めていくか?」という方法論がしばしば議論の的になります。本記事の最後に、この点について個人的な見解を述べてみます。

私は、大前提として学費と投資資金は分けて管理すべきだと考えています。それは何故かというと「いざという時に、足りないという事態だけは万が一にも避けねばならない」から。

右肩上がりが保証された投資方法なんて存在しませんよね。入学金が必要になったタイミングで大暴落の真っ只中になっている可能性も、当然あります。パフォーマンスが悪い時点で現金化することに躊躇しても、大学側は待ってくれません。

学費を投資で貯めていくのは全然有りです・・・ただ、実際に必要となるであろう数年~数ヶ月前には現金化して、確実に一定額を手配出来る担保をしておくことが大事だと考えています。

私は、始めから現金化の必要性に迫られないよう、株と学費用の現金は別にしてきました。別管理が出来るなら、学資保険だろうと投資だろうと現金だろうと『その手段は人それぞれ』好きなようにやればいいんじゃないでしょうか。

いつもお読みくださってありがとうございます。応援のクリックを頂けたら嬉しいです♥