【24/7】高配当株とかマイレージとか車とか【独り言】

高配当&優待株で不労所得を得ながら、各航空会社のステータスを狙い、大切な愛車と過ごす日々を綴っています

未来の治療はロボットで!その世界に思いを馳せながら、ISRGにエントリーしました!

f:id:syokora11:20201219162318j:plain


しょこら@です。
本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます

Twitterやってまーす。フォロー嬉しいですぞい!


先日、とある銘柄を利確して得た資金で、新たな銘柄にエントリーしました。それは何かと言うと、

f:id:syokora11:20201219130233p:plain


インテューイティブ サージカル
(Intuitive Surgical Inc.)

日本語だとテュが言いにくいですぞい


こちら、あまり聞き慣れない銘柄かもしれません。「Da Vinci(ダ・ビンチ)」と呼ばれる先進医療ロボット並びにその周辺部品・アフターサービス等を提供していて、1995年に設立された比較的新しい会社です。
 

f:id:syokora11:20201219132706j:plain

(※同社ホームページより)


今回、780ドル前後で3株購入しました。
こう見ると、かえる🐸の得意技「クッソ高値のジャンピングキャッチ」をやらかしてしまった気がしてならないのですが、まぁこの際どっちでもいいでしょう(?)欲しい時に買う、それが私のポリシーなのだから・・・

下げたら下げたで、1株づつコツコツ買い増していきまーす(やや投げ槍気味)

f:id:syokora11:20201219144833p:plain
 

ISRGは、先進治療システムのトップランナー

手術などの先進医療用ロボットのマーケットは、これから将来に渡って大きく伸びると言われています。Fortune Business Reportによると、その伸び率は2018年から2026年にかけての8年間で、年率+21.4%にもなっています。

f:id:syokora11:20201219134257p:plain


ロボットで治療というと、例えば近未来の世界を描く映画や本なんかで、機械がメスを取る治療シーンを思い浮かべたりしませんか?ISRGのダ・ビンチは低侵襲手術といって、患者の身体の負担を少なくするために、皮膚を切る領域を極力小さくしたり、出血を抑えるための治療をサポートするための設備なんだそうです。

「人々の高齢化」「医療技術の高度化」という社会的背景の中、同社の売上は以下グラフのように年々大きく伸長しています。ダ・ビンチ自体は1台2億円もの高額な機械なので多くの出荷はありませんが、交換用アタッチメント等のアクセサリー並びにメンテナンスが不可欠で、それによる安定的なストック収入が期待できます。そんなビジネスモデルが同社の強み。

f:id:syokora11:20201219133335p:plain


その強みもあって、営業キャッシュフローマージンは30~40%という大変高い水準を叩き出しています。一方、ここ数年はその率がやや下落気味となっていて、競合他社との争いが激化しつつあるという傾向が裏にあると評されています。

f:id:syokora11:20201219133404p:plain


ただ、競合が次々と入ってきているとはいえ「実績」というのはやはり医療の世界では大変重要な要素ですよね。同社のダ・ビンチは、腹腔鏡手術領域においてFDA(米国食品医薬品局)の承認を得た最初の手術支援システムで、以後25年に渡って事業を拡大してきました。その結果、全世界で50%以上のシェアを持ち、延べ720万人以上もの患者さんがダ・ビンチによる手術を受けてきました。この信頼性は、一朝一夕で成し遂げるものではないはず。

あいにく、COVID-19による医療現場の混乱も相まって、直近2020年7~9月期の決算では減収減益となりましたが、長い目でみれば引き続き高い成長が望めると私は思っています。

f:id:syokora11:20201219023012j:plain

どうして私がこの無配当銘柄を買ったのか

ところで、こちらの銘柄は全く配当を出していません完全にキャピタル銘柄です。ではなぜ、インカム(配当)投資を嗜好する私がエントリーを決めたのか。それは、手掛ける事業に少なからず感銘を受けたからです。

冒頭にマーケットのグラフをご覧頂いた通り、将来的に、医療のオートメーション化は革新的に進みます。治療における不快さや痛みなど、心身への負荷を極力減らすための医療技術の発展・・・これこそ、世の中の人々が切望して止まない部分ではないでしょうか?

私も、これまで度々手術を受けたことがありますが、とある内視鏡治療でとても痛い思いをしたため、もう二度と受けたくないなと文字通り「痛感」した経験があります。もしもの時に、身体への負担の少ない治療法が選択肢にあれば、多少のお金を払ってでもそれを受けたいと思いますね。

そんな、人々の幸福に貢献する技術の一端を担う同社の事業は非常に夢があるなと感じる訳です。自分的には、既に保有中のウォルト ディズニー(DIS)と同じ位置付けのドリーム枠として今回購入するに至りました。そしてDIS同様、資産のコアではなく、サテライトとして保有します。ぶっちゃけて言うと「持ってるだけで自己満足」という感覚に近いかも(笑)

f:id:syokora11:20201219141307p:plain


蛇足ですが、こちら、自分にとって1株あたりの株価が過去最高級に高い銘柄になります。これまではズーム(ZM)やロッキード マーチン(LMT)の400ドル前後が一番高かったのですが、ISRGはその倍。いつか株式分割してくれないかなぁ~!

今のままだと、10株くらいしか買えないッス💦


少しでも人にやさしい医療技術の発展に思いを馳せつつ、これから長期に渡る資産形成の一角として、こちらの銘柄を保有していきたいと思います。

いつもお読みくださってありがとうございます。応援のクリックを頂けたら嬉しいです♥