【24/7】高配当株とかマイレージとか車とか【独り言】

高配当&優待株で不労所得を得ながら、各航空会社のステータスを狙い、大切な愛車と過ごす日々を綴っています

【業務連絡】ブログ活動、再開いたします!そして当地でPCR検査を受けたお話

f:id:syokora11:20200920191726j:plain


しょこら@です。
本日もブログをご覧頂き、ありがとうございます

Twitterやってまーす。フォロー嬉しいですぞい!


読者の皆様、大変ご無沙汰しております。
1ヶ月近くブログを空けると、CSSやら文の構成やら、書き方をずいぶん忘れてしまっています。今も、ドキドキオドオドしながら書き始めているところ。やはり何事も、間を空け過ぎるとよろしくないってことなのでしょう。

さて、Twitterの方では一足先にご報告しましたが・・・


というわけで、今月いっぱいをもちましてアウェイの生活を終え、ホームに帰還いたします。とはいえ、まだ戻れることが決まったワケではありません。母国の土を踏む日を夢見る我々海外在住者の前に立ちはだかるもの、それは

PCR検査

もっか多くの航空会社から(特に長距離国際線で)PCR検査の陰性証明の提出を要求されています。今回私はエミレーツ航空を利用する予定ですが、搭乗時に「96時間以内」の公式な証明書を提示しなければ飛行機に乗せてもらえません。尚エミレーツの場合、この時間制限は検査を行った時点でカウントされ、2便以上の乗り継ぎがある場合は最初のフライトの出発時刻から起算して時間内に入っていればいいとのことです(※乗り継ぎ便の搭乗時には必要とされない)このあたりは事前に航空会社に確認した方が良いでしょう。

これにより、特に身体に異常はないものの、PCR検査を受ける必要性に迫られました。今回、会社で加入しているプライベートの保険会社からは、健康状態で「単なる証明書取得のため」に受ける場合には保険が適用されないと言われました・・・検査費用150ユーロ+診察代60ユーロを一旦自腹で払います。高けぇー

検査自体は、当地の日本人在住者がよく利用する、近所の医院にお願いしました。

真ん中にある細長い棒を使うのです。
機械は体温計、容器は提出用のもの。

f:id:syokora11:20200922133647j:plain


やり方としては、この棒を使って、
①喉の奥を3回
②鼻の奥を左右1回づつ
それぞれ、ゆっくり撫でられたんです。

受ける前、ネットで鼻のクッソ奥まで棒をぶっ刺される痛々しい画像を前に「うわっ、どこまで入れるんだよ・・・」と直視出来なかった私ですが、実際受けてみると意外に大したことなかったです。喉ちんこのあたりを撫でられましたが、胃カメラ飲んだ時に比べたら全然平気だったし、鼻も鼻頭の根本あたりまで程度。このあたり、検査する人の腕前によるところが大きいんですかねぇ・・・?

さて、検査結果は、速報が翌日FAX、公式な証明書が翌々日に郵送されるとのことで、96時間という時間制限の中でも結構ギリギリの段取りと言えます。だって郵送でトラブることなんて海外ではごく日常だし(溜息)それに、そもそもここで陽性判定が出たら全てが終わります(笑)

ある意味、伝説の人になりそうだぞい・・・


ところで日本入国時、今度は国の方からPCR検査を再度要求されます。でもこちらは先月から「唾液を使った検査法」が採用されていて、結果が出るまでの時間も短いとのことで、負担は軽く済みそう。その後、14日間の隔離を強いられた上で、晴れてホームでの日常生活に戻れるという流れになります。

なかなか大変なプロセスですが、安全のためには仕方ありませんよね。何事もなく、日本での生活を始められればいいなぁーと願っています。

f:id:syokora11:20200922140238j:plain


そんなこんなで、帰ってからも公私の再起動に向けて右往左往の日々が続きそうですが、こちらのブログも、当地のローカルネタをちょいちょい織り交ぜつつ、数日に1度のペースで徐々に再開させていきたいと思っております。どうか引き続きのお付き合いの程、よろしくお願いいたします。