【24/7】高配当株とかマイレージとか車とか【独り言】

高配当&優待株で不労所得を得ながら、各航空会社のステータスを狙い、大切な愛車と過ごす日々を綴っています

J-REITはもうオワコン?全銘柄総崩れとなった日に、今後の見通しを考えてみました

f:id:syokora11:20200320060145j:plain


しょこら@(@syokora11_kabu)です。 
本日も当ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

昨日は、日経平均の下落がたったの▲173円と、意外と底堅かった1日でした。もう既に感覚が麻痺してしまったのか、これくらいの下げをポジティブに捉えてしまうヤバイ思考回路の自分がいます。

銘柄によっては、プラス2桁%の大きな戻しを見せているものもありました。何もかもが売られ過ぎた中、少しでもコロナ禍の影響から抜け出しそうな材料が見られる銘柄に対しては、打診買いが始まっている気配がします。幾らここ数年は業績に影響しそうとは言え、ポテンシャル的には明らかに割安な銘柄が多いですもの。

しかし・・・そんな柔らかい雰囲気を一瞬で吹き飛ばす、強烈な雷を落とされた業種があります。それは何かというと
J-REIT!
昨日は、まさに「大暴落」と呼ぶに相応しい1日でした。

なんと、リート全体(63銘柄)の下落幅の平均値が▲16.6%と、ほとんど全銘柄においてストップ安に近い、目を疑うような下げっぷりを見せたのです。流石にこのような相場は初体験。これ、絶対人の手による売り方じゃないですよね・・・ちょっとAI、やりすぎじゃないですか?

我がポートフォリオの20%強を占めているだけに、大打撃を受けました。ぴえん

f:id:syokora11:20200320032243p:plain


f:id:syokora11:20200320043747p:plain

 

2019年度おススメ銘柄に推薦しちゃってた

読者様の中にはご記憶の方もいらっしゃるかもしれませんが、当ブログは昨年末に【ベストバイストック2019】という、2019年に買った中でイチ押しとする銘柄をリレー形式で紹介するという企画に参加し・・・

www.haitou-mile-car.com


その中で、私はなんと件の(8963)インヴィンシブル投資法人を推してたんですねぇ~!!いやーん、そんなに責められたら、照れますがな。

だって儲かってたんだもぉーん…


去年の夏頃、損益率だけなら、ポートフォリオの中でもトップ級だったんですよ。

f:id:syokora11:20200320034728j:plain


それが、今ではダントツの最下位っていうね。

f:id:syokora11:20200320034943p:plain


言うなれば、昨年は最優秀選手賞(MVP)をゲットして一躍ヒーローになったにも拘わらず、今年はドラッグに溺れボロボロに落ちぶれてしまったMBAプレイヤー的な?すみません、動揺し過ぎてて何を言っているのか自分でもよく分かりません。

チャートの角度も、エグイことになっております。

f:id:syokora11:20200320035437p:plain


あっ・・・
でもこれって、完全にアレに一致していません?美しい秋の青空を背景に、たわわに実った黄金の稲穂が垂れる情景、そのものじゃないですかぁ・・・

f:id:syokora11:20200320035830j:plain


「実るほど、頭の垂れる稲穂かな」という句が実に似合うチャートですねー。
ってやかましいわ!

リートに対する展望を考える【ホテル系】

さて、一通り愚痴を吐きまくったところで、今後のリートの展望について、自分なりの想定を綴っていきたいと思います。

先ずホテル系ですが、今年は100%ダメでしょう。
安倍首相は、昨日の参院総務委員会での答弁で、今夏のオリンピック実施を「規模縮小をしない」「無観客開催も考えていない」と語っています。自分の進退が掛かっていることを認識しているのか、強気の姿勢を崩せずにいるようですが、運よく出来たとしても、かなり物々しい雰囲気の中での開催になるのは避けられまい。

mainichi.jp


そんな中で、当初の期待通りに人の動きが戻るとは思えません。当然、延期ともなれば一気に市場は冷え込んで、ホテル業界は壊滅的な影響を受けることになる。

従って今年~来年あたりは、収益悪化によって「減配」の確率がかなり高いものになるだろうと見ています。まぁ、元々の利回りが5~7%と高かったので、それが半分になっても致命的なものではありませんけど。

その一方で、では「中長期的にみてホテルの需要が無くなるか」というと、私はそうは思いません。以前から政府は、今後観光立国としての施策を推し進めていく意思を強く見せています。そうしなければ日本も、国としての魅力・競争力が落ちていきますからね。コロナ禍が過ぎ去れば、また客足は徐々に元に戻るはず。

後は、リートと言えど、金融機関の融資環境変化やキャッシュフローの悪化から、資金繰りが出来ずに倒産に陥るリスクはあります(実際に過去、会社更生法を出したリートもあります)そのあたりの財務指標やバックにいるスポンサーの強さを踏まえて、とにかく「堅実さ」を重視して運用している銘柄を見極め、今から仕込んでいくことは決して悪い選択ではないと私は考えています。

f:id:syokora11:20200320051800p:plain

 

リートに対する展望を考える【オフィス系】

一方、オフィス系リートですが、こちらは今後も堅調に推移するのではなかろうか、と見ています。

今まで政府が「働き方改革」としてプッシュしていたにも拘わらず、なかなか世の中に広まらなかった "テレワーク" が、今回の新型コロナによってあっさり浸透したのは何とも皮肉な話ではある。しかし、災い転じて何とやら、結果的に柔軟な勤務体系を維持することになる企業も増えるのではないかしら。リモートオフィスニーズの恩恵を受けてきたオフィス系リートの存在感も、きっと再び光り輝くはず。

以前私も保有していた(3298)インベスコ・オフィス・リート投資法人も、1万円を切って上場来安値をつけました。利回りも8%あるし、一気に投資妙味がある水準になってきたと感じています。

f:id:syokora11:20200320053943p:plain


以上、とにかく目の前の荒い値動きに惑わされないで、長い目で見て、安心して保有出来る銘柄を選んで買っていきたいなと考えています。

最後に、これらは全て私の個人的な見解なので、決して鵜呑みにして売買なさらないよう、くれぐれもご承知おきの程、宜しくお願いいたします。


当ブログでは、特定の銘柄を推奨してはおりません。
くれぐれも、投資は自己責任でお願いします!