【24/7】高配当株とかマイレージとか車とか【独り言】

高配当&優待株で不労所得を得ながら、各航空会社のステータスを狙い、大切な愛車と過ごす日々を綴っています

日経平均爆下げ!それでも私が日本株に投資する理由を2つ挙げる

しょこら@(@syokora11_kabu)です。
本日も、当ブログをご覧頂きありがとうございます。

早速ですが、昨日の日経平均の下げ、なかなかエグかったですね!終値は前日比で422.94円安の21,046円。この下げ幅は令和年号になって最大だそう。

あれですよ。

米国(ダウ)が上げても、日本(日経)は上げない。
米国が下げると、日本はもっと下げる。

Twitterでも、呟かれていました。
ダウの半分上げどころか、先週は下げてましたけどw


ホント、何の罰ゲームだって言うね。日本の株式市場の芯の無さが、顕著に表れていると実感します。

おかげさまで、私のポートフォリオも全面降伏状態でした・・・再び、含み損マイナス二桁の「定位置」に戻ってきました。

f:id:syokora11:20190718232729p:plain

 

こっちのほうが、もはや日常

 

市場は先細りでも、有望な企業はある

さて、私しょこら@は、そんな厳しい市場になぜ大金を突っ込んでいるのか?
ドMだからと、しばしばネタにはしているのですが、なにも好き好んで含み損を殖やしたい訳ではありません ←

先ず、一つの、極めて当たり前過ぎる大前提になるのですが、私は日本市場に投資している訳ではなく、日本の企業に投資しています。

国(市場)としての日本が決して右肩上がりにならない、むしろ先細りであるという点は、私も大変危惧しています。日本という国は、世界に比べても良い所がたくさんあるし、もっと盛り上がって欲しいという思いは強いのですけどね!人口減とか教育とか税制とか、どうにもネガティブな話が多過ぎる。

ただ、市場全体が冴えなくても、日本には世界に名だたる企業達と渡り合える、競争力の高い企業がたくさんあると思っています。(5108)ブリジストンは世界一のタイヤメーカーだし(2914)JTは新興国でのブランド存在感著しいし、(8058)三菱商事も各国で巨大事業を展開しています。

日本の市場がどれくらい萎むかは分かりませんが、これらのグローバル企業が無くなるなんてことはなかなか考え辛いし、またその株価が割安で放置されているのを見るにつけ、お買い得だと感じるのです。

f:id:syokora11:20190719003651j:plain

 

私が、日本株に投資する理由

もう一つ、私が日本株に投資する大きな理由は、
配当生活を送る上で、海外株は分が悪い
ということがあります。具体的に挙げると以下2点。

配当にかかる税金が高い

海外株式(ADRを除く)から配当金を頂いた場合、通常国内株式のそれに対して掛かる税金20.315%・・・所得税および復興特別所得税15.315%、住民税5%・・・の他に、現地での税金10%が追加されます。これを二重課税と言いますが、この一部はサラリーマン時代であれば、所得税の控除により取り戻すことが出来ます。

ただ、リタイア後は基本的に所得が無くなるので、この控除が使えません。つまり老後は、1 - (10% x 20.315%) = 28.283%の税金が掛かり続けることになります。この8%の差はちょっとしたハンデかなと。

ドルから円にする時の為替リスク

ドルで配当金を頂いても、当然そのままでは使えません。ドル資産を円に替える必要があります。その時、例えばもし買付時より+20%円高に振れていたら、いくら+20%利益が出ていてもチャラになってしまいます。ま、これはインカムゲインに限った話ではありませんけど。

もちろん、円安になれば更にプラスになります。ただ円転のタイミングに制限がつく分、相対的に円ベース資産よりも取り回しのハードルは高めです。つまり使いたいと思った時に、悩む場面が出てきます

f:id:syokora11:20190719002618p:plain


個人的には、各資産の位置付けを、以下のように捉えています。

  • 日本株:即金で生活費に回す不労所得ジェネレーター【メイン】
  • 海外株:配当再投資を前提にして資産増大を図りつつ、将来的にはやはり不労所得の1ソース【サブ】
  • インデックス投信:資産形成のためコツコツ積み立てる「箱」だが、最終的には高配当株式を買い付ける為の資金行き


以上が、私が「先が無い」としばしば揶揄される日本株にも投資している理由です。米国株式一本足打法の投資家の皆様にとってはいろいろと思う所あるかもしれませんが、この軸をブラさず、投資を続けていきたいと考えています。

 

やっぱり、日本企業を応援したいって思いもあるやん?

 

当ブログでは、特定の銘柄を推奨してはおりません。
くれぐれも、投資は自己責任でお願いします!